便利グッズ

世界の釣りと旅

便利グッズ、車中泊

車中泊の便利グッズ

TOP>車中泊の便利グッズ

車は本来、寝泊まりする場所ではありません。車を駐車しておく、道の駅やパーキングエリアにしても、宿泊目的の場所ではありません。そこで一晩過ごすのですから、周りに迷惑をかけないようにすることが大切です。

それから、車の中をできるだけ快適な場所にする工夫がほしいですね。そのための便利グッズをいくつか紹介しようと思います。便利グッズを使って車内を快適にし、一晩しっかり休んで体の疲れをとりましょう。

まず、駐車するに際して絶対にやってはいけないことがあります。それは何かというと、車のエンジンをかけっぱなしにして眠ることです。夏場にエンジンをかけた状態で、エアコンをつけっ放しにしておくとたちまちバッテリーがあがってしまいますよね。

そのことはよく知られているのですが、以外と無頓着なのが冬場の危険性です。 冬に車の中で眠るのは寒いので、エンジンをかけて暖をとることがあります。この状態で眠ってしまうのは、一酸化炭素中毒になる可能性が高く大変に危険なのです。




マフラーから出たガスが車内に入り込んで空気を汚すのです。寝ている間に一酸化炭素が充満し、そのまま死んでしまうという事故につながるのです。

  風向きの具合などによって、一酸化炭素は車内に入り込んできます。しかも臭いがないので、寝ている人は気づきません。気づいた時はすでに手遅れという状態になっていることがあります一酸化炭素中毒の状態になると、手足がマヒしてしまうので動くことができなくなり窓さえ開けることができなくなります。

毎年この事故で何人か死者がでている程なのです。寒くても決してエンジンをかけたままでは眠らないようにしましょう。

車中泊の寒さをしのぐ、便利グッズ。

 寒くてもエンジンをかけっぱなしにしないで眠れるよう、いくつかの便利グッズを使います。最も手軽なのが、使い捨てカイロです。これを使って寝袋にくるまればかなり暖かいです。

 しかし低温やけどに注意しなくてはなりません。衣類に直接張るのではなく、寝袋の足元の方に張っておけば低温やけども防げるでしょう。

 その他の便利グッズとしては、ベドメーキングで使う銀色マットもそうですが、エアマットレスも効果が高いです。クッション性も抜群ですし、シートの段差の問題も一発で解決してくれます。空気の層が断熱の役割を果たしてくれます。

 また、セーターや下着類を余分に持って行き、就寝時に重ね着すると防寒の役に立ちます。それから毛布やブランケットを寝袋の中にいれて、二重の寝具を作ればさらに寒さを防げます。これらの工夫でエンジンをかけっぱなしにしなくても就寝時の寒さを防げます。

 それでもまだ寒いようなら、そういう場所での車中泊は最初から避けるべきでしょう。エンジンのかけっぱなしは危険です。

 以前に南極越冬隊の人がテレビで話されていたのですが、雪上作業車(正確な名前は知りません。戦車とスノーモービルが合体したようなごつい車です)の中で眠ることがあるそうです。真冬の南極でもエンジンを切って眠るとおしゃっていました。

 防寒対策を施して寝袋に包まって眠るのです。寝袋の中は暖かく、ぐっすり眠れるのですが、翌朝目を覚ました後、寝袋から出てエンジンをかけ車内が暖まるまでが寒くてとてもつらいというようなことを言っておられました。

 やはり一酸化炭素中毒を避けるためにエンジンを切って眠っているのでしょう。南極でも車中泊ができるのだから、日本なら簡単にできるというものです。しかし無理して寒い中眠る必要もありません。南極仕様の車と普通乗用車では構造が違います。車の中で凍死なんていやですものね。
 
 室内空間を広くする、便利グッズ。
 車内には荷物がたくさん詰め込まれています。就寝スペースをとると今度は荷物を置く場所に困ることもあります。その問題を解決するための便利グッズを紹介します。

 □カーゴネット。
 天井近くにアシストクリップがあるなら、カーゴネットを張って小物や衣類など軽い物を収納しましょう。アシストクリップがなくても、s字フックをかけられる把手があればそれを利用してカーゴネットを張ることができます。

 □折り畳み式コンテナ。
 就寝時には広げて荷物を収納します。使わない時は畳んでわずかなスペースにしまっておけます。いくつか使う時は大きさを揃えておけば、きれいに整頓できて車内のスペースも無駄になりません。
 
 快適に過ごすための便利グッズ。
 夜間は車内も車外も暗くなります。また人の視線も気になりますし、防犯の問題も考えたいですね。そのための便利グッズをいくつか紹介します。

 □電池式ランタン
 車内を明るく照らすにはこれが役立ちます。燃料式よりも電池式がよいのはガスを出さないからです。安心して使えて充分に明るいのでお勧めです。

 □除湿剤
 洋服ダンスにいれておく湿気取りが使えます。雨の日などエアコンに頼る事なく爽やかに眠れます。

 □クーラーボックス
 冷蔵庫変わりに便利です。コンビになどで氷も売っていますので、保冷剤には困りません。食品、ジュース、ビールなどを冷やしておけば、夜の楽しみもまします。ただし飲酒後の運転はご法度ですよ。

 □蚊取り線香
 夏場の必需品ですね。屋外用の物が便利です。最近は電池式の製品や、火も電池もいらない、置いて置くだけで蚊を退治してくれる物もあり便利ですね。ホームセンターで売っていますよ。

 □ACインバーター
 シガーソケットに接続して、家庭用のAC100Vの電化製品を使えるようにする便利グッズです。携帯電話や電気髭剃りの充電にも使えて便利です。

 □携帯電話
 便利グッズというわけではありませんが、緊急時の連絡用に必要です。犯罪や事故に巻き込まれた時の連絡にも使えます。そういう意味では、携帯電話とACインバーターは必需品ですね。

日本にもいる
巨大魚 
利根川の大魚達 スコットランドのフライフィッシング アメリカの
楽園フロリダ
日本の小さな魚、タナゴ ニュージーランドのタウポ湖
キャンプでの
鍋料理
日本を代表する
川魚、鮎
キャンプ料理 中国の皇帝魚、
チョウザメ
アウトドア
クッキング
 
カナダの
キングサーモン
車中泊の
便利グッズ
 
オーストラリアの釣りと旅
車中泊で釣り旅行 実をいうと美味
―ナマズ
サーモンの故郷、アラスカ  ハワイで楽しむ
釣り
最も身近な魚
―鮒―
オランダのパイク
世界の釣りと旅 TOPページへ
プロフィール リンク集
Copyright (C)世界の釣りと旅  All Rights Reserved